神奈川県横浜市南区で本・専門書・漫画・ブルーレイ・CD・ゲームを高く売る場合のおすすめ古書店・専門店一覧

最終更新日2020/10/22

横浜市南区で本・専門書・漫画・ブルーレイ・CD・ゲームの買取を行っている古本屋さん・買取店の一覧です

再蔵来蔵
〒 232-0066 TEL 045-741-4033
神奈川県横浜市南区六ツ川1丁目266
URL

本を売りたい時、古本屋さんが自宅がすぐ近くにある、あるいはいつもの通勤通学の通りすがりにあるなどの場合は店頭に持ち込んで売る方法があります。

ただし各店舗で売れる金額がしっかりしているかどうかは見極めてから売らないといけません。また、お店によっては買取ジャンルを絞って営業しているところも少なくありません。

古書が得意な古本屋さんは漫画や雑誌は買取不可能だったり、大手のチェーン店舗はコミックが得意でも医学書や法律書などの専門書はあまり得意ではなかったりします。

どのジャンルが得意でどれほど買取強化しているかはお店に行ってのぞいてみるまで分からないものです。

本買取のブックサプライでは本・専門書・漫画・ブルーレイ・CD・ゲームの宅配買取サービスを行っております。ジャンルは特に絞らず新刊から希少価値の専門書まで1点ごとのシステム査定を行い、どのようなお客様のニーズにも合うよう努力しています。

全国対応しておりますので横浜市南区での本買取ももちろんお任せください。現在、横浜市南区エリアからのお客様より多数お申込みいただいております。

宅配買取サービスとはご指定日時にご自宅の玄関先まで宅配ドライバーがお伺いしてお客様の本などの商品を無料で集荷するサービスです。商品を入れる箱がない場合も無料で新品ダンボールをお送りすることも可能です。こちらからお申込みいただくと最短翌日に集荷の手配が可能です。

査定金額に承認いただくと速やかにお客様のお口座に買い取り代金の振込をいたします。

いくらくらいで売れるのかを知りたい場合もこちらのおためし査定をご利用いただくことで送る前にしっかり把握できますので、「そんな金額じゃ売るんじゃなかった…」ということも防げます。また「こんなに高く売れるなんて嬉しい」など安心してご利用いただけます。

他社さんの口コミでは送ってみたら査定額が思ったより安かったので返却を希望したら今度は返送料が高くて泣く泣く売るしかなかったなどという苦情も目にします。

ブックサプライの宅配買取ではそんな心配もご無用です。迅速対応しているか、わかり易いか高額査定かなども客観的に比較しているサイト【かいとり比較.shop】でも優良サイトとして認識されています。

神奈川県横浜市南区のお客様の買取実績

横浜市南区のお客様からお売りいただいた商品の一部を紹介します。

2020年6月26日 横浜市南区 I.O様

  • 9784750350349仏教の底力――現代に求められる社会的役割1572
  • B0833W2RHSゴールデンカムイ コミック 1-20巻セット 1~20巻1828

このような本・専門書・漫画・ブルーレイ・CD・ゲームはブックサプライでは非常に高く評価しています。

※金額は買取時の実際の査定金額です。中古市場での商品相場は日々変わりますので、査定金額が掲載金額より下がる場合も上がる場合もございます。こちらの買取実績が買取金額を保証するものではございません。

本・専門書・漫画・ブルーレイ・CD・ゲームを売るなら地元の古書店やチェーン店で売るよりも高額で売れるかもしれませんのでブックサプライの宅配買取サービスをご検討ください。

横浜市南区の宅配買取サービスエリア

井土ケ谷上町 井土ケ谷中町 井土ケ谷下町 浦舟町 庚台 唐沢 共進町 弘明寺町 白妙町 永田山王台 永田みなみ台 花之木町 東蒔田町 平楽 別所中里台 前里町 真金町 三春台 六ツ川

またこのほかにも神奈川県全域も買取対象となっております。

神奈川県の宅配買取サービスエリア

神奈川県横浜市鶴見区 神奈川県横浜市神奈川区 神奈川県横浜市西区 神奈川県横浜市中区 神奈川県横浜市南区 神奈川県横浜市保土ケ谷区 神奈川県横浜市磯子区 神奈川県横浜市金沢区 神奈川県横浜市港北区 神奈川県横浜市戸塚区 神奈川県横浜市港南区 神奈川県横浜市旭区 神奈川県横浜市緑区 神奈川県横浜市瀬谷区 神奈川県横浜市栄区 神奈川県横浜市泉区 神奈川県横浜市青葉区 神奈川県横浜市都筑区 神奈川県川崎市川崎区 神奈川県川崎市幸区 神奈川県川崎市中原区 神奈川県川崎市高津区 神奈川県川崎市多摩区 神奈川県川崎市宮前区 神奈川県川崎市麻生区 神奈川県相模原市緑区 神奈川県相模原市中央区 神奈川県相模原市南区 神奈川県藤沢市 神奈川県横須賀市 神奈川県平塚市 神奈川県茅ヶ崎市 神奈川県大和市 神奈川県厚木市 神奈川県小田原市 神奈川県鎌倉市 神奈川県秦野市 神奈川県海老名市 神奈川県座間市 神奈川県伊勢原市 神奈川県綾瀬市 神奈川県逗子市 神奈川県三浦市 神奈川県南足柄市

上記以外のエリアも、買取対象の場合がございますので、お気軽にお問合せ下さい。

南区について

歴史

三浦氏一族の平子氏が、堀の内一帯に居住、菩提寺の宝生寺は1171年創建。同寺保管の古文書の中に、「横浜」の地名が出てくる最も古い嘉吉2年(1442年)の文書があります。現在の横浜英和女学院一帯に奥州吉良氏の一族・吉良頼康が住し、「蒔田殿」と呼ばれました。

1901年4月1日 – 久良岐郡戸太町、中村が横浜市に編入。
1911年4月1日 – 久良岐郡大岡川村の一部が横浜市に編入。
1927年4月1日 – 久良岐郡大岡川村の残部、日下村(現在の港南区・磯子区)が横浜市に編入。
1927年10月1日 – 区制施行に伴い中区になる。
1936年10月1日 – 鎌倉郡永野村(現在の六ツ川四丁目と港南区)を編入。
1943年12月1日 – 戦時配給制度の手続の軽減を図るため、寿・大岡両警察署管内の各町を中区から分離して南区が誕生。
1969年10月1日 – 南区の南部(港南支所管内)を港南区として分離。ただし下永谷町字山谷の大部分は六ツ川四丁目と改称し、南区に残留。
2004年4月   – 神奈川県立大岡高等学校と神奈川県立清水ヶ丘高等学校が統合され、神奈川県立横浜清陵総合高等学校となります。
2008年4月   – 神奈川県立外語短期大学付属高等学校と神奈川県立六ツ川高等学校が統合され、神奈川県立横浜国際高等学校となります。
2016年2月5日 – 花之木町にある総合庁舎が、移転に伴い業務終了。
2016年2月8日 – 浦舟町総合新庁舎に移転。業務開始。

区名の由来
1943年(昭和18年)11月30日までは横浜市の中心地ともいわれました。その中区から分離した際に中区の南にあることから命名されました。