愛知県岡崎市で本・専門書・漫画・ブルーレイ・CD・ゲームを高く売る場合のおすすめ古書店・専門店一覧

最終更新日2020/11/11

岡崎市で本・専門書・漫画・ブルーレイ・CD・ゲームの買取を行っている古本屋さん・買取店の一覧です

ブックマーケット/北岡崎店
〒 444-0912 TEL 0564-87-3222
愛知県岡崎市井田西町3-1
URL http://www.a-too.co.jp/shopsearch/

岩瀬文庫
〒 444-0831 TEL 0564-55-9940
愛知県岡崎市羽根北町3丁目2-6
URL

BOOKOFF SUPER BAZAAR/248号西友岡崎店
〒 444-0840 TEL 0564-72-6266
愛知県岡崎市戸崎町字越舞2-1
URL http://www.bookoff.co.jp/shop/shopSB020.html

明六堂
〒 444-0066 TEL 0564-24-1707
愛知県岡崎市広幡町7-17
URL

都築書店
〒 444-0044 TEL 0564-21-6566
愛知県岡崎市康生通南2丁目29
URL http://tsuduki-bs.jimdo.com/

BOOKOFF/岡崎上地店
〒 444-0823 TEL 0564-59-3416
愛知県岡崎市上地3丁目49-9
URL http://www.bookoff.co.jp/shop/shop20352.html

BOOKOFF/岡崎井ノ口店
〒 444-2131 TEL 0564-66-0256
愛知県岡崎市青木町2-1
URL http://www.bookoff.co.jp/shop/shop20351.html

ほんやさん
〒 444-0226 TEL 0564-43-4730
愛知県岡崎市中島町字上町下ノ切19-2
URL

本を売りたい時、古本屋さんが自宅がすぐ近くにある、あるいはいつもの通勤通学の通りすがりにあるなどの場合は店頭に持ち込んで売る方法があります。

ただし各店舗で売れる金額がしっかりしているかどうかは見極めてから売らないといけません。また、お店によっては買取ジャンルを絞って営業しているところも少なくありません。

古書が得意な古本屋さんは漫画や雑誌は買取不可能だったり、大手のチェーン店舗はコミックが得意でも医学書や法律書などの専門書はあまり得意ではなかったりします。

どのジャンルが得意でどれほど買取強化しているかはお店に行ってのぞいてみるまで分からないものです。

本買取のブックサプライでは本・専門書・漫画・ブルーレイ・CD・ゲームの宅配買取サービスを行っております。ジャンルは特に絞らず新刊から希少価値の専門書まで1点ごとのシステム査定を行い、どのようなお客様のニーズにも合うよう努力しています。

全国対応しておりますので岡崎市での本買取ももちろんお任せください。現在、岡崎市エリアからのお客様より多数お申込みいただいております。

宅配買取サービスとはご指定日時にご自宅の玄関先まで宅配ドライバーがお伺いしてお客様の本などの商品を無料で集荷するサービスです。商品を入れる箱がない場合も無料で新品ダンボールをお送りすることも可能です。こちらからお申込みいただくと最短翌日に集荷の手配が可能です。

査定金額に承認いただくと速やかにお客様のお口座に買い取り代金の振込をいたします。

いくらくらいで売れるのかを知りたい場合もこちらのおためし査定をご利用いただくことで送る前にしっかり把握できますので、「そんな金額じゃ売るんじゃなかった…」ということも防げます。また「こんなに高く売れるなんて嬉しい」など安心してご利用いただけます。

他社さんの口コミでは送ってみたら査定額が思ったより安かったので返却を希望したら今度は返送料が高くて泣く泣く売るしかなかったなどという苦情も目にします。

ブックサプライの宅配買取ではそんな心配もご無用です。迅速対応しているか、わかり易いか高額査定かなども客観的に比較しているサイト【かいとり比較.shop】でも優良サイトとして認識されています。

愛知県岡崎市のお客様の買取実績

岡崎市のお客様からお売りいただいた商品の一部を紹介します。

2020年7月2日 岡崎市 W.T様

  • 4523215005142バグダッド・カフェ 完全版 [DVD]817
  • B082HK8DS7【GAME】【PS4】ソードアート・オンライン アリシゼーシ2396

このような本・専門書・漫画・ブルーレイ・CD・ゲームはブックサプライでは非常に高く評価しています。

※金額は買取時の実際の査定金額です。中古市場での商品相場は日々変わりますので、査定金額が掲載金額より下がる場合も上がる場合もございます。こちらの買取実績が買取金額を保証するものではございません。

本・専門書・漫画・ブルーレイ・CD・ゲームを売るなら地元の古書店やチェーン店で売るよりも高額で売れるかもしれませんのでブックサプライの宅配買取サービスをご検討ください。

岡崎市の宅配買取サービスエリア

赤渋町 雨山町 淡渕町 伊賀新町 池金町 板田町 井田新町 井田西町 井田南町 井田町茨坪 井内町 稲熊町 井ノ口新町 岩津町 岩中町 宇頭北町 宇頭町 宇頭東町 宇頭南町 恵田町 生平町 小美町 大代町 大高味町 大西町南ケ原 大幡町 小久田町 奥殿町 奥山田町 鹿勝川町 柿田町 欠町 籠田町 鍛埜町 片寄町 上青野町 上佐々木町 上衣文町 上三ツ木町 上明大寺町 上六名 上六名町 鴨田本町 鴨田南町 唐沢町 北本郷町 久右ヱ門町 切越町 切山町 久後崎町 蔵次町 暮戸町 桑谷町 毛呂町 康生町 高隆寺町 小針町 駒立町 小丸町 才栗町 坂左右町 桜井寺町 桜形町 定国町 島坂町 下青野町 下佐々木町 下衣文町 下三ツ木町 庄司田 正名町 真宮町 真伝 真伝吉祥 真伝町 真福寺町 須淵町 千万町町 大樹寺 滝尻町 竜美旭町 竜美大入町 竜美新町 竜美台 竜美中 丹坂町 茅原沢町 筒針町 伝馬通 百々西町 鶇巣町 戸崎新町 戸崎元町 戸崎町藤狭 鳥川町 冨尾町 中伊町 中伊西町 中岡崎町 中島中町 中島西町 中島東町 中之郷町 夏山町 西阿知和町 西大友町 西蔵前町 西本郷町和志山 仁木町 根石町 合歓木町 野畑町 能見町 能見通 羽栗町 箱柳町 柱 柱曙 柱町 秦梨町 鉢地町 八帖南町 八帖北町 八帖町 羽根東町 羽根西新町 羽根北町 羽根町小豆坂 羽根町大池 羽根町陣場 針崎 針崎町 東阿知和町 東大友町 東蔵前 東蔵前町 東能見町 東牧内町 東明大寺町 日名西町 日名南町 日名北町 日名中町 日名本町 吹矢町 福桶町 藤川荒古 藤川台 不吹町 舳越町 細川町 細光町 保久町 法性寺町 保母町 洞町 牧平町 牧御堂町 松橋町 美合新町 美合西町 美合町 美合町入込 美合町生田 美合町地蔵野 花崗町 南大須町 南明大寺町 蓑川新町 蓑川町 宮石町 明見町 明大寺町 明大寺町大圦 明大寺本町 六名 六名新町 六名東町 六名本町 元欠町 本宿茜 本宿台 元能見町 森越町 八ツ木町 山綱町 祐金町 米河内町 蓬生町 竜泉寺町 両町 連尺通 六地蔵町 六供本町 渡通津町

またこのほかにも愛知県全域も買取対象となっております。

愛知県の宅配買取サービスエリア

愛知県名古屋市千種区 愛知県名古屋市東区 愛知県名古屋市北区 愛知県名古屋市西区 愛知県名古屋市中村区 愛知県名古屋市中区 愛知県名古屋市昭和区 愛知県名古屋市瑞穂区 愛知県名古屋市熱田区 愛知県名古屋市中川区 愛知県名古屋市港区 愛知県名古屋市南区 愛知県名古屋市守山区 愛知県名古屋市緑区 愛知県名古屋市名東区 愛知県名古屋市天白区 愛知県豊田市 愛知県岡崎市 愛知県一宮市 愛知県豊橋市 愛知県春日井市 愛知県安城市 愛知県豊川市 愛知県西尾市 愛知県刈谷市 愛知県小牧市 愛知県稲沢市 愛知県瀬戸市 愛知県半田市 愛知県東海市 愛知県江南市 愛知県大府市 愛知県日進市 愛知県あま市 愛知県知多市 愛知県北名古屋市 愛知県蒲郡市 愛知県尾張旭市 愛知県犬山市 愛知県碧南市 愛知県知立市 愛知県豊明市 愛知県清須市 愛知県津島市 愛知県愛西市 愛知県田原市 愛知県みよし市 愛知県長久手市 愛知県常滑市 愛知県岩倉市 愛知県新城市 愛知県高浜市 愛知県弥富市

上記以外のエリアも、買取対象の場合がございますので、お気軽にお問合せ下さい。

地域について

1928年(昭和3年)9月1日 – 岡崎村、美合村、男川村、常磐村の一部(大字箱柳)を編入。
1944年(昭和19年)12月7日 – 東南海地震により死者9人、負傷者29人の被害。
1945年(昭和20年)
1月13日 – 三河地震により死者29人、負傷者22人の被害。
4月1日 – 岡崎高等師範学校が設立されます。
7月19日未明-20日 – 岡崎空襲により死者280名[45]、被災戸数約7,500戸の被害を出します。
1948年(昭和23年)8月 – 第1回「観光夏まつり」開催。
1950年(昭和25年)1月 – 第1回「岡崎市民駅伝競走大会」開催。
1954年(昭和29年)10月25日 – 県立愛知病院が結核専門病院として開院します。
1955年(昭和30年)
2月1日 – 岩津町、福岡町、本宿村、山中村、藤川村、竜谷村、河合村、常磐村を編入。
4月1日 – 矢作町を編入。
4月10日 – 第1回「家康まつり」開催(現在の「家康行列」)。
1959年(昭和34年)
4月5日 – 岡崎城の天守閣が復興します。一般公開開始。
9月26日 – 伊勢湾台風により死者27名、負傷者128名、家屋全壊986戸、家屋半壊2,503戸、床上浸水5戸、床下浸水212戸の被害。
1960年(昭和35年)1月1日 – 旧矢作町の一部(河野町、宇頭茶屋町、尾崎町、柿碕町、橋目町の一部)を安城市へ編入。
1962年(昭和37年)
6月17日 – 路面電車である名鉄岡崎市内線が全線廃止。
10月15日 – 六ツ美町を編入。
1963年(昭和38年)4月1日 – 「岡崎博 -花と産業科学大博覧会-」が開幕。
1964年(昭和39年)11月22日 – 第1回「造形おかざきっ子展」が籠田公園で開催されます。
1967年(昭和42年)6月22日 – 岡崎市民会館が竣工。
1968年(昭和43年)4月24日 – 東名高速道路岡崎インターチェンジ開通。
1969年(昭和44年)11月22日 – 第1回「岡崎市民マラソン」開催。
1972年(昭和47年)8月11日 – 岡崎市美術館が竣工。
1975年(昭和50年)4月22日 – 分子科学研究所が愛知教育大学の旧図書館を仮庁舎として設立されます。
1976年(昭和51年)
4月26日 – 岡多線の旅客営業開始。
7月1日 – 岡崎市体育館の完成式開催。
11月8日 – 岡崎商工会議所が明大寺町兎ヶ入(現在の町名は竜美南)に新築移転。
1978年(昭和53年)
9月18日 – 人口が25万人に達します。
11月4日 – 第1回「岡崎まつり」開催(11月5日まで)。
1980年(昭和55年)3月1日 – 岡崎市竜美丘会館がオープン。
1987年(昭和62年)3月21日 – 市制70周年記念事業である「葵博 岡崎 ’87」が開幕。
1988年(昭和63年)
1月31日 – 岡多線は愛知環状鉄道に転換。
3月13日 – JR西岡崎駅が開業。
1989年(平成元年)4月8日 – 人口が30万人に達します。
1991年(平成3年)4月15日 – 岡崎中央総合公園が開園。
1996年(平成8年)
4月20日 – おかざき農遊館が開館。
7月6日 – 岡崎市美術博物館が開館。
2002年(平成14年)4月22日 – 岡崎市シビックセンターが開館(隣接する岡崎地方合同庁舎と合わせて「岡崎シビックプラザ」と呼ばれます)。
2003年(平成15年)4月1日 – 中核市に移行(県下3番目、全国31番目)。
2006年(平成18年)
1月1日 – 額田町を編入。
11月4日 – 第1回「岡崎ジャズストリート」開催(11月5日まで)。
2007年(平成19年)7月17日 – 「まちバス」が運行開始。
2008年(平成20年)
8月28日 – 平成20年8月末豪雨が発生。1時間に146.5ミリの雨量を記録します。
11月1日 – 岡崎市図書館交流プラザ(通称「りぶら」)が開館。
2013年(平成25年)
4月1日 – 岡崎活性化本部開設。
8月10日 – 「あいちトリエンナーレ2013」が開催されます。
2014年(平成26年)
3月28日 – 東名岡崎インターチェンジ西交差点から衣浦海底トンネルを結ぶ「都市計画道路衣浦岡崎線」(25.7キロ)が全面開通しました。
10月末 – 人口38万人を超えました。
2015年(平成27年)6月7日 – 六ツ美悠紀斎田100周年記念お田植えまつりが開催。
2016年(平成28年)2月13日 – 新東名高速道路岡崎東インターチェンジ、岡崎サービスエリア供用開始。
2020年(令和2年)3月9日 – 岡崎市が51%出資する地域新電力会社「株式会社岡崎さくら電力」が設立。