【漫画セット】ゴールデンカムイ コミック 1-22巻セット [コミック] 野田 サトル

最終更新日2020/09/24

ゴールデンカムイ コミック 1-22巻セット [コミック] 野田 サトル 本 買取 いたしました。

B08BHPH2T4

日露戦争終結後のとある冬、元陸軍兵の杉元佐一は、幼馴染の梅子の眼病の治療費を得るため北海道で砂金を採っていたところ、アイヌが秘蔵していた金塊のことを知る。直後に杉元は冬眠明けのヒグマに襲われ、窮地をアイヌの少女・アシㇼパに救われる。

作中より5年前、アシㇼパの父・ウイルクを含むアイヌを殺害し金塊を奪った男・のっぺら坊は、網走監獄の獄中から仲間に金塊の在処を伝えるべく、同房の囚人たちの体に金塊の隠し場所を示す入れ墨を彫り、脱獄させた。その「刺青人皮」は獣の皮のように剥がし、全てを集めて暗号を解く必要がある。杉元は治療費分を得ること、残りの金塊をアイヌの手に戻しウイルクの仇を討つことを条件に、アシㇼパと行動を共にすることになる。

同じく金塊を狙う陸軍第七師団歩兵第27聯隊に所属する情報将校・鶴見篤四郎中尉は、日露戦争で活躍しながら報われなかった師団員のため北海道征服を目論んでおり、その軍資金を必要としていた。しかしその理想にはついていけない造反組がおり、その中で生き残った尾形百之助は第七師団を離脱、二階堂浩平は鶴見との取引に応じ原隊復帰する。

脱獄囚の中には戊辰戦争で死んだはずの土方歳三がおり、彼もまた、かつての盟友・永倉新八と合流し、入れ墨の囚人のうち何人かを仲間に加え、尾形を用心棒とし、蝦夷共和国を再興するために金塊を追い求めていた。

杉元とアシㇼパは捕らえた入れ墨の囚人で脱獄王と呼ばれる白石由竹を仲間に加え、各地に散らばった囚人を追いながら鶴見ら第七師団や土方一味[註 5]と交戦したりアイヌと交流を行ううちに、互いの絆は深まってゆく。

 

ブックサプライでは、全巻揃った漫画セット、連載中の最新刊までの全巻揃った漫画セットを買取しています。
漫画は単品で買取にお出し頂くより、全巻や最新刊まで揃っていればセットボーナスがつき断然お得!

一覧以外にも高価買取対象の商品が多数あるので、
買取価格が気になる方はこちらにて参考金額がご覧いただけます。

査定員がすべて1点づつ査定を行いますので
最新の買取相場をもとに価値ある商品はキッチリお値段をつけて買取いたしております!
思わぬ商品が高価買取になることも!

自宅にいながら詰めて送るだけ!
初めての方でも安心、簡単にお申込みいただけます。

さらに査定から振込みまで最短2営業日。
お客様をお待たせすることなく買取サービスを行っています。

是非ご利用お待ちしております。

漫画セット買取ならブックサプライ